人生は短いからすぐに行動しよう
会社員で最高に人生を楽しむ方法
転職

銀行の法人営業経験が転職後にも活かせる3つのこと

Pocket

 

銀行の法人営業経験が転職後にも活かせる3つのこと

 

銀行員
銀行員
銀行の営業なんて役に立つのか?
 

銀行員
銀行員
こんな何のスキルもつかない仕事をしていていいのだろうか?

 
 
営業に追われる日々で、「毎日これでいいのか?」と悩んでいる銀行員の方は多いのではないしょうか?
この記事では、銀行からリクルートに転職した自分だからこそ分かる銀行で働くことにメリットについて述べています。
 

ぼくは銀行で働いていたからこそ、リクルートに転職した初年度に3つの賞をもらい、すぐに役職者になれたのだと確信しています。

銀行で働いている方とこれから働くことを考えている方にとって、この記事を読むことによってモチベーションになったり、働く意義を感じるきっかけになれば幸いです。

 
 
 

こんな人に読んでほしい

・経営に興味のある人

・リクルートに興味がある人

・転職を考えている人

 
 
 
 

経営について数字をベースに会話できる

 
 
 
 

銀行の法人営業は会社の決算書を読めなければ、商品を売ることは出来ませんので、嫌でも経営について触れることになります。

しかし、他の業種の営業においては経営全体について考えることが少ないことでしょう。

 
 
 
例えば、メーカーの営業であれば、自社の製品の導入により、どのくらいのコストカットが図れるのかを提示することはありますが、それが会社全体の営業利益や経常利益ベースでどのくらいの影響値をがあるか?を考えることはほぼありません
 
 
 
ですので、当然、財務諸表や損益計算書を読むこともありません。
 
 
 
ぼくがリクルートに入社して一番驚いた出来事の1つがこれです。

 
以前に、リクルートの社内で、一定の役職者以上向けの研修が行われたことがありました。
 
 

そそ
そそ
役職者以上の研修だから、どんな内容なのだろう?

 
 
と期待していました。
 
 
 
しかし、2日間かけて行うその研修は、銀行の新入社員研修の1日目に行うよりもレベルが低いくらいの内容だったからです。いかに普段の営業行為で、会社全体の決算書に触れる機会が少ないのかを感じた出来事でした。
 
 
 
財務諸表や損益計算書は銀行の専門知識ではありません。全てのビジネスにおいて、必要不可欠なものです。
 
 
 
サッカーであれば、『リフティング』でもなく、もはや『ユニホームを着る』レベルの話です。裸でサッカーしたら、警察官とお話することになるだけです。サッカーはできません。
 
 
 
その研修の講師は某コンサルティング会社だったのですが、他の大企業ではリクルートよりも、さらに年次の高い人に向けて、同じ研修をしているようでした。つまり、それだけ財務諸表を読むことは、通常業務において必要のないものであるということです。
 
 
 
 

決算書を読まずに大きな提案は出来ない

 
 
 
 
本当の意味でクライアントに入り込んでいくためには、会社全体のことを考える必要があります。なぜなら、重要決定事項の決裁者は社長や代表取締役だからです。
 

経営陣に刺さるような提案をするためには、その人たちの考えや悩み事を推測しなくてはなりません。 
 
 
 

 
 
よくありがちなパターンとしては、社長に会ったことに満足して、
 
 
 

若手社員
若手社員
あの社長は売上を◯◯年後までに2倍にしたいという考えなんだって!

 
 
という風に、クライアントのビジョンだけを持ち帰ってくるパターンです。このケースの場合、決算書を理解できない人には、ビジョンのリアリティが一切判断できませんだから、その実現可能性に対して一緒に真剣に考えたり、アイデアを練ることも出来ません。
 
 
このような現象は、クライアントの事業のごく一部のセグメントに対して営業をしていると頻繁に見られるケースです。
 
 
 
その点、銀行員は決算書を読むことが仕事です。銀行では当たり前のことが、他の企業では驚くほど、行われていません。特に営業という分野においては馴染みがないのが実態です。

だからこそ、財務を読めることは1つの強みになり、自社の経営にも疑問を持ったり問題提起することができます。

 
 
 
 

ステークホルダーとの調整能力

 
 
 
 
銀行において、1つの案件をクロージングするためには様々な人の利害関係を調整しなくてはなりません。これは銀行に限らず、大企業で営業をしている方は当てはまるものだと思います。
 
 
反対に、リクルートではこの能力は取得しづらい気がします。なぜなら、基本的に周囲のみんなが驚くほど良い人ばかりなので、後先考えずに行動してもハレーションを生まないからです。
 
 
 
しかし、自社内ではリクルートのような動き方で良いかもしれませんが、営業で対峙しているクライアントのような社外に対してはこの姿勢だと上手くいかない場合が多くあります
 
 
 
リクルートのような組織風土は稀であり、対峙するクライアントは『ザ・大企業』のような組織文化がほとんどです。

だからこそ、そこで働いている人たちの気持ちを理解するためには、相手と、その上司や他部署との関係を理解する必要があるのです。

 
 
 
 

 
折衝している相手が、普段どんなことを上司に言われ、どんな評価を受けているのか?を想像することは、リクルートの企業文化でしか育ってきてない人には難易度が高いような気がします
 
 

ものごとはロジックやきれいごとだけでは動きません。大企業なら尚更です。社内の人間関係において、
神経すり減るくらいまで上司や支店長のご機嫌を観察し、タイミングを見計らって話し掛けに行った経験は大いに活きるのです。
 
 
 
 
 
 
 

業界慣習に囚われない思考法ができる

 
 
 
 
 
経営コンサルなどの業種でない限り、普段取引を行う相手は決まった業界になります。商社でも、自分の部署に配属により、対峙する業界が必然的に決まります。
 
 
 
一方、銀行は色々な業界を横断的に見ることができますその中で、色々な業界の一般的な知識をつけたり、ある業界ならではの特異性を知ることができます。
様々な業界に普段から触れているからこそ、業界特有の変な慣習に気づくことができ、そこからイノベーションが生まれる可能性があるのです。
 
ぼくがリクルートで賞を頂いた案件も、外から来た自分だからこそ気付けたものではないかと思っています。専門的に深掘りすることも大切ですが、異業界に触れることでの気づきや学びも多くあります。
 
 
新卒で銀行に入り、4年間を過ごした後に転職したことで、自分が知らない間に考えが凝り固まっていることに驚きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まとめ

 
 
ある環境下では当たり前のことでも、他の環境ではおかしなことだったりすることがあります。反対に、普通だと思っていることが組織の外に出ると、いつしか自分の武器になってたりします。
 
 
銀行において、20代のうちに経営者を相手に財務をベースとした仕事をこなした経験は間違いなく、強みになります

 
 
『銀行員は転職後に活かせるスキルがない』とか『銀行の常識は世間の非常識』と言われますが、銀行の営業を通じて培われた経験は大いに価値があるものだと思っています。
 
 
 
ただ、それを40年間も続けているのは、これからの人生では価値になりませんし、何より自分自身が楽しくもありません。別の環境に身を置き、銀行員の経験を生かして活躍することをオススメします。