公式LINEで無料転職相談を受付中!

意識高い系のサラリーマンは副業できる会社に転職すべき

2019 12/01
意識高い系のサラリーマンは副業できる会社に転職すべき
そそ そそ

毎日こんなことしてていいのだろうか?

ぼくは銀行員時代、毎日こんなことを考えていました。やる気はあるけれども、会社員の仕事を毎日こなしていることに常に疑問を持っている。かといって、何をしたらいいかわからずに退職や転職活動にも身が入らない。

しかし、そんな自分も今では会社員でありながらも迷いもなく、日々の生活を楽しめていると思います。

この記事は、『これから何がしたいか分からないけど、このまま会社員は嫌!」という人にとって様々なことにチャレンジできる会社員生活を送るヒントになるかもしれません。

こんな人に読んでほしい
  • 会社員生活に満足していない人
  • リクルートに興味がある人
  • 転職を考えている人
目次

起業やフルコミッションの業界にすぐ飛び込める人はあなたとは違う人

画像

自分の軸が明確で大きなリスクを取れる人は、違うと思ったらすぐに行動します。

ぼくの経験上、

若手社員 若手社員

将来は起業してみたい

という人は、ほとんどの確率でしません。

起業したいと本気で思っている人は、その瞬間すでに起業のための準備をしています。

転職においても、『フルコミッションの業界で名を上げたい』もしくは『サラリーマンとは思えない給料を稼ぎたい人』はすぐにアクションをしています。

『リスクを取ってすぐに行動できる人』には憧れますが、性格や自分が置かれている環境要因により、行動できていない人が多いのではないでしょうか?

意識高い人にありがちなケース

若手社員 若手社員

◯◯さんていう起業家知ってる?

このサービスは◯◯というベンチャー企業がリリースしたサービスで〜〜…

News picksや経済ニュースに詳しく、様々な情報に敏感なケースは意識高い系のサラリーマンに多いパターンです。これ自体はとても良いことです。

しかし、世の中のスタートアップに強い憧れを持っていて、リスクを取れない自分に少し落胆しているような人が多いように感じます。

ぼく自身がそうでした。しかし、リスクテイカーでもない、ぼくにもあなたにも朗報があります。

自分なりの戦い方がある

画像

後先考えずにリスクを取れる人はいいですが、多くの人はこのようなマインドを持つことは難しいです。家族や居住地、精神的負担など様々なことをクリアして過酷な環境に飛び込むことは並大抵ではありません。

飛び込んだとしても、当然そこから成功するのは一握りの人達です。

サラリーマンを勢いよく辞めて、

フリーランスで成功しました!

みたいな記事が良くありますが、成功しているから記事になるのです。ご存知だと思いますが、裏では失敗する人のほうが圧倒的に多いのが現実です。

声を大にしていうことではありませんが、ぼく自身も『リスクを取って大きな逆境をバネに成功するタイプではない』という自負があります。

ぼくと同様に

転職希望者 転職希望者

ただのサラリーマンとして人生を終えたくない!けど、俺にはそんなリスクは取れないよ…

というマインドの人の層はかなり多くいるのではないでしょうか?

そんなあなたには、副業可で自由な風土の企業で働きながら社外で色々取り組むことをオススメします。

時代によってあなたも世間も変わる価値観

画像

少し前の価値観では

・サラリーマン=「冴えない、社蓄」
・起業家/フリーランス=「勇敢な冒険者」

みたいなイメージが強くありました。なぜなら、副業という選択肢がほぼなかったからです。

副業という選択肢がある現代においては

若手社員 若手社員

起業は踏み出せないけど、冴えないサラリーマンにはなりたくない!

という人達には空前絶後の大チャンスです。「会社員」と「フリーランス・起業」の良いところを両方経験できるからです。

今後はこのような働き方が、カッコいい!もしくは目指すべきところだ!という価値観になるのではないでしょうか?

まとめ

自分のやりたいことが明確で、ゴールのためのプロセスをイメージ出来ている人は起業をすればいいと思います。

しかし、大多数の人は行動に移せない人が多いのが現実です。

そんなとき、世の中のチャレンジしている人と自分を比べて落胆するのではなく、自分の性格や状況を総合的に判断して、自分がなりたい姿になるための1番良い方法を取ればいいのです。

自分の場合は、リクルートで大きなプロジェクトや金額を動かしながら社外でも色々なことにチャレンジすることで日々満足感を感じています。

会社員をやりながら色んなことをやるという手段が多くの人にも当てはまる最善の方法なのではないかと思っています。

”あなたにはあなたなりの戦い方がある”

ぼくと似たようなタイプの人は転職をして副業をすることをオススメします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こちらの記事も読まれています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
目次