公式LINEで無料転職相談を受付中!

元銀行員が考えるリクルートが人材輩出企業と呼ばれる理由

2019 12/03
元銀行員が考えるリクルートが人材輩出企業と呼ばれる理由

みなさんはどのようなビジネス人生を送りたいですか?

『経営者になりたい』『起業したい』『ある程度の給料で出来るだけラクしたい』『特になんも考えていない』 

ぼくは、世の中の会社員はこうあるべきだ!というものは一切もってません。価値観は人それぞれだし、それに合った人生を送るのがいいと心の底から思っています。この記事は以下のような方に向けて書いています。

こんな人に読んでほしい
  • どこの組織でも働けるビジネスマンになりたい人
  • 転職を検討している人
  • 起業やスタートアップに行こうとしている人

自分の場合は、『その瞬間瞬間でやりたいと思ったことにチャレンジできるような人生を送りたい』と思っています。そのために、スキル的にもマインド的にも常に準備した状態でいるよう努めています。

当然の話ですが、会社は社員の成長を第一優先で考えくれません。何も考えずに、ただ会社員でいることは自身の成長観点では大きなリスクです。

一見、従業員の成長は経営者にとってもメリットのように感じますが、何も考えずに過ごしていると経営者が作った仕組みがないと戦えないビジネスマンになります。

ぼく自身、銀行で財務や経営を学んだ後に、今はリクルートで働いていますが、リクルートは「人材輩出企業」と呼ばれ、多くの起業家や経営者を世に送り出してきました。

リクルートが人材輩出企業と呼ばれる所以は、『経営の仕組み化と社員の成長』という矛盾を解決し、社員が成長する仕組みを持っているからだと個人的に考えています。

銀行から転職して、リクルートで実際に働いている立場として、この仕組みを是非みなさんにご紹介したいと思います。

目次

経営者の施策と従業員の成長の矛盾

画像

経営者と営業マンを例に考えてみましょう。
どこの組織でも、スーパー営業マンと成績が上がらない営業マンに分かれます。

この状況で、もしあなたが経営者なら、どんな手を打ちますか?

経営者にとってはスーパー営業マンに頼っている状況、つまり属人的に売上が上がっていることは大きなリスクです。

転職・退職されたらガクンと売上が下がります。そういう人に限って、他社から引き抜きのヘッドハンティングの話がきます。

そこで経営者は「優秀な営業マンがいなくても売れる仕組み」を作ろうとします。

リクルートのサービスを例に考えてみる

リクルートグループには、ホットペッパービューティーというサイトがあります。

美容院を探している人と美容院をマッチングするサービスで、美容院から広告の掲載料を頂くことで成り立っているビジネスモデルです。

リクルートの営業マンはクライアント(美容院)を担当し、前年よりも前月よりも多くの広告をしてもらうことがミッションになります。

一方、経営者はサイト自体の認知度UPやブランディングをして、営業マン自体に能力がなくても、売上が上がるような仕組みを作っていきます。

そうすると営業マンの力がなくてもどんどん売上が上がるようになります。一方で、営業マンは「売上」で評価されるので、自身の価値を売上と認識します。

サイトや会社のブランドによって、売上が上がっているのにも関わらず、営業マンがその成果を全て自分の価値だと認識してしまうケースはよくあります。これは悪いことではありませんが、仕組みがあってこその結果だと認識しているのとそうでないのとでは、今後のビジネス人生に大きな差が出ます。

営業マンが努力をしないと売上が上がらない状況が個人を成長させるはずだったのに、会社(商品)が強くなりすぎたために創意工夫がなくても売上が上がってしまいます。

・経営者は誰でも売れる仕組みを作ろうとする
・商品やブランドがあると営業マンの創意工夫の難易度が下がる
・自身の力による売上はどのくらいか?を意識することが重要

仕組みの中で一喜一憂していては、永遠に使われる人のまま

画像

会社はどんどん「誰でも出来るような仕組み」にしていきます。

この状況で売上が達成したからといって「やったー」って言ってあぐらをかいてたら、いつまでも仕組みに乗っかるビジネス人生しか待ってません。
営業マンの成長観点で考えると、重要なのは売上の数値のみで判断をしないことです。

クライアントが事業が拡大していく中で自然に発注が増え、前年比200%を達成するよりも、今まで1円ももらえなかったクライアントから初めて売上を立てる方が大いに価値があることだと思います。
本当の意味での”すごい”営業マンは以下の2つです。

・仕組みを作れる人
・作られた仕組みを利用して、異常値レベルの飛び抜けた成果を出せる人

特に仕組みを作れる人は一握りなのではないのでしょうか?だからこそ大いに価値があります。

ただ、これまでずっと『営業の実力=売上』でしか見られることのなかった営業マンが、急に仕組みを作ることができません。なぜなら仕組みを作ることなんて求められず、数字目標を与えられて達成することだけを目標に業務をこなしてきたからです。

しかし、リクルートには経営者の判断と社員の成長の矛盾を打破する仕組みがあります。

経営者と矛盾を解決するリクルートの良い組織文化

画像

リクルートには「ベストプラティクスコンテスト」通称「ベスプラ」という仕事の内容を自慢しあう一大イベントがあります。

このイベントは売上ではなく、仕組みつくりや新しい観点で仕事をした人が評価されるイベントです。

リクルートで働いている人達はこのイベントで賞を取ることがモチベーションになって、日々の仕事の中で、面白いことや新しいことを探そうとします。

あわせて読みたい
意識高い系のサラリーマンは副業できる会社に転職すべき
意識高い系のサラリーマンは副業できる会社に転職すべきぼくは銀行員時代、毎日こんなことを考えていました。やる気はあるけれども、会社員の仕事を毎日こなしていることに常に疑問を持っている。かといって、何をしたらいい...

まさに「自分の価値はなにか?」が問われる仕事をしなくてはいけません。

このイベントがあるだけで、営業をはじめとする従業員の視野や向上心が上がり、仕組み作りに奔走する文化が醸成されることを身を持って感じてます。

会社のブランドに、いかに自分の価値を加えられるか?を考えて業務をすることで、仕事の楽しさが変わり、違う自分になれると痛感します。

”経営者が誰でも売れる仕組みを作り、従業員は単にそれに乗っかるだけでなく、もっと良い仕組みを作ろうとする”

これがリクルートが大企業になってからも依然、急成長を続ける要因であり、違う環境でも活躍できる人材が育つ理由なのだと思います。

リクルートの社員は経営者のような仕組み作りが日々求められる

まとめ

『社員1人1人に仕組み作りが求められること』が、銀行からリクルートに転職して感じた「社員の成長観点での良い仕組み」です。

大企業のいち営業マンであれば「来期のノルマをいかに達成するか?」や「昇進するためには何をしたらいいか?」しか考えなくなっていきます。

将来のキャリアビジョンを考えた上で、与えられた業務をこなす以上のことがしたいと思っているのなら、会社以外で収入を得るような活動をしたり、転職をして環境を変える必要があると思います。

銀行員時代の自分のように今後のキャリアプランに迷われていたり、何か悶々とした日々を過ごしている会社員の方のご参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こちらの記事も読まれています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
目次