公式LINEで無料転職相談を受付中!

銀行の営業から転職して気付いたリクルートの独特な文化について

2019 12/03
銀行の営業から転職して気付いたリクルートの独特な文化について

銀行からリクルートという真逆の企業文化を経験すると

そそ そそ

同じ日本、同じ会社なのにこんなにも違うものか・・・・・

ということを強く感じます。

リクルートに入社した当初はこれが仕事なのか、サークルなのかが分からないほどカルチャーショックを受けたことを今でも覚えています。

今ではリクルートに入社して本当に良かったと思っており、このような組織で働けることは何にも代え難いものだと心の底から感じます。

中途で入社したぼくだからこそ、この独特な組織についての他の会社との違いが分かると思っているので、それについて今回は記載したいと思います。

リクルートに転職を考えている人が組織風土を知るきっかけになれば幸いです。

こんな人に読んでほしい
  • リクルートに転職、就職を検討している人
  • 旧体質の企業で働いている人
  • 中途入社の会社で働いている人
目次

明確な組織文化があるリクルート

画像

リクルートの雰囲気や組織風土、評価制度は明らかに他の企業と一線を画しています。日本を代表する大企業になった今でも現場レベルまでその運用がしっかりと浸透していることに驚きました。

リクルートには社内の独自の共通言語がたくさんあります。「当事者意識」「横ぐる」「ロクヨンシート」「ZD」などなど。

共通言語は仲間意識を芽生えさせ、コミュニティ力を高める大きな要素です。実際にリクルートで働いていると、大組織にも関わらず、メンバーの目線が高いレベルで揃っていることを感じます。

他の大企業と、リクルートの大きな違いはOB•OGを含めたコミュニティ力だと思います。基本的にこのような組織文化はプラスに働くことがほとんどです。

しかし、気合いと根性で営業してきた銀行時代を経験している自分だからこそ、特に新卒でリクルートに入社した人は意識して気を付けて改善すべき文化もあるような気がしています。

浸透しすぎた組織風土による個人の思考停止

画像

リクルートのメンバーは社内において「スキル」と「スタンス」というワードで評価されます。評価項目がシンプルで、分かりやすくて明確であることもこの会社の特徴です。

仕事に必要な『姿勢(スタンス)』と『能力(スキル)』が数値化され、自分のグレードが決まり、そのグレードによって給料が変わります。

これらの項目を意識して評価されようと思うと「明るくて、前向きで、仲間想いで、頭が良くて、リーダーシップがある人」になれます。

特に、「スタンス」に関しては周りの目も厳しく、仕事への姿勢、チーム内での発言、仲間へ態度に関しては高いレベルで求められます。リクルートでは自分だけ成績を上げて、周囲を助けないような人は評価されません。

これはとてもいいことだと思ってます。ただし、本質を理解していればの話に限って。

これらの項目を満たしていることは、組織の力を最大化するために必要である可能性が高いだけであり、その限りではないです。十分条件でないだけでなく、必要条件でないかもしれません。

例えば、「仲間想い」「誰にでもやさしい」はスタンスとして求められることが多いですが、組織としてのパフォーマンスを最大化するためには、時としてはイカれた発言も必要です。

ただ 、長い間、同じ組織にいると、「仲間想い」「誰にでもやさしい」ということは『否定的な意見を言ってはいけない』とか『周りの合意を取らなくてはいけない』的な発想に転換されてしまうことがしばしばあります。

伝えることで組織が良くなることを目的としているので、それに反するような言い方は論外ですが、「いらないものはいらない」「無駄なものは無駄」と伝えることは重要です。どんどん言った方が、結果的に組織の力の最大化につながると個人的に感じています。

社内イベント、会議は常に改善と実行をすべき

画像

リクルートには、社内キャンペーンや、表彰式、勉強会などがたくさんあります。

ある時、社内のイベントについて、アンケートで

この会のあり方を再度考える必要があります。
これだけの人数が何時間も1つのところに集まる以上の意味や効果があるようにしたい。

的な意見がありました。

すると、後から聞いた話ですが、以下のような話が上がったそうです。

先輩社員たち 先輩社員たち

この会がリクルートの良いところであり、また準備してくれる人の気持ちを考えていない。このような発言はスタンス的にどうなのか?

これはまさに思考停止の典型的パターンであり、手段が目的化していると感じました。この意見を出した人が悪いのではなく、このような雰囲気を組織で形成してしまっているのだと思いました。

『なぜ、そういう会議がリクルートの良いところなのか?』『準備をしてくれる人にとって1番良いことは何なのか?』

その答えを考えずに、手段だけが定期イベントとして残ってしまっていることがリクルートの良い文化だからこそ多い気がしています。

目的がない手段だけの状態では、『1つの場所にみんなで集まる機会が多いのがリクルートの良いところ』になってしまいます。そして、準備してくれる人にはその内容に関わらず、「ありがとう」と言うことがスタンスが良いということになります。

アンケートを取る理由を考える

画像

それぞれの「会」というイベントの目的は、それによって組織のパフォーマンスが最大化されることです。

先輩社員 先輩社員

あいつも頑張っているからがんばろう。

若手社員 若手社員

あの人の取り組みは自分にも使えるかもしれない

などを感じることによって、会に参加した後に、『アウトプットが向上すること』『コミュニケーションが円滑になる』など、何かの効果がないといけないのです。

もし、その会が効力を発揮をしなくなった時には準備してくれる人のためを想って、即座にやめるのが1番の恩返しです。

そして、社内イベントの効力を計るのが、『アンケート』の役目です。そこに忖度したコメントや、無駄な賞賛をすると組織をミスリードすることに繋がるのです。

さらには、運営側は、イベントを企画する段階からぼくみたいなマイナスの意見は折り込み済みであり、「その割合が変わってないか?」をアンケートでチェックしています。「7・8割の人に効果を感じてもらえばいい」という判断のもとにイベントを開催していて、それが5割になっていないかを日々心配し、それをアンケートでチェックしているのです。

だからこそ、忖度なコメントを書くことは、その割合を事実と違う割合に変えてしまう行為であり、絶対にやってはならないことだと思っています。

まとめ

もちろん、無意味に人を傷付けるのは良くないことですが、それ以外の大抵のことはホンネで相手に伝えることが一番重要であり、長い目で見たときに自分の発言に信頼をもたらす方法だと思います。

先輩社員たち 先輩社員たち

飲み会ではこう言ってるけど、みんなの前では違うことを言ってる

なんて思われたらダメです。

だから、中途入社のぼくだからこそ、出来るだけ心の底から思っていることだけを話し、「リクルートの人が言いそうな、自分が思ってもいないこと」は絶対言わないようにしています。

自分は中途入社だからこそ、外様だからこそ、言うことで組織を良くできる部分があると思っているので、どんどん発信していきたいと思っています。相手をリスペクトすることは大切ですが、思ったことは自分のためにも組織のためにも重要なことです。

色々記載しましたが、ぼくがこんな意見をいうほど、リクルートの社内には否定的な発言やコメントがありません。

あわせて読みたい
銀行からリクルートに転職したときに驚いたこと!【社内の雰囲気編】
銀行からリクルートに転職したときに驚いたこと!【社内の雰囲気編】最近、会社の業務として中途面談をやったり、プライベートで転職相談に乗っている中で、『リクルートってどんな職場なの?』を聞かれることが多いです。この記事では、...

『リクルートは営業が強い』とのイメージがあり、上司が厳しいとか、雰囲気がピリピリしているイメージを持たれている転職希望者の方が多いですが、そんなことはないと思います。(ぼくも全会社、全部署に所属したわけではないので言い切れませんが、聞く限りはそうです)

楽しい雰囲気で働くことを求めているのならリクルートをオススメします。

あわせて読みたい
大企業にいる意識高い系の20代、30代が転職をした方がいい理由
大企業にいる意識高い系の20代、30代が転職をした方がいい理由『リスクを取ってチャレンジしている人』を羨ましがって、今の会社員生活や自分自身に対して不満を持っていませんか?実は、この記事で書かれている内容を今後実践出来...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こちらの記事も読まれています

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
目次