人生は短いからすぐに行動しよう
会社員で最高に人生を楽しむ方法
キャリア

銀行の営業マンが「辞めたい」と転職する前に考えるべき営業の本質

Pocket

 

銀行は世間の常識とかけ離れた閉鎖的な社会だということを転職した後に本当の意味で気付きました。銀行員の方で理解しているつもりの人も多いと思いますが、やはり1つの環境で過ごしていると、違和感がいつしか当たり前になっていきます。

ぼくは、銀行員に限らず、基本的に転職はした方が良いと考えています。しかし、その前に今の環境で得るべきものあるというのも紛れもない事実です。

少しの成功体験が次の転職活動の際の大きな強みになったり、PRポイントになります

今回は銀行員の人が転職する前に今の環境で意識すべきポイントについて記載しました。

 

こんな人に読んでほしい

・今の環境にモヤモヤしている転職未経験者

・自社の製品やサービスにより成績が上がらない営業マン

・銀行員の方

 

銀行で法人営業をやっている人にありがちな転職したい理由

 

 

ぼくが銀行員時代に、同期や先輩がよく言っていた言葉。

 
 

転職希望者
転職希望者
いつ辞めようかなー

 

このフレーズを銀行時代に何回聞いたのか分かりません。

 

「安定」とか「ブランド」を理由に銀行を就職先として選び、入社してからはきついノルマややりがいのなさに四苦八苦する人が多いように感じます。(残念ながら「安定」も「ブランド」もどんどんなくなっていますが。)

 
 

 
 
 
実際ぼくはこれまで何人もの方々の「銀行から転職をしたい!」という相談を受けてきました。
 
 
銀行からどこかに転職しようとしている人が、辞めたい理由でめちゃくちゃ多いのが、
 
 
 

転職希望者
転職希望者
意味ないお金をノルマのために貸し付けるのにやりがいを感じない

 
という理由です。
 

 

 
 
 
銀行のノルマは高いので、お願いスタイルの営業になってしまうのは、ぼくも銀行員の端くれだったのでよく分かります。

 

しかし、まずはそれよりも「意味ないお金を貸し付けなきゃいけない営業をしている自分」について、懐疑的になるべきだと個人的に思っています。
 
 

 

機械に変わる営業マンと残り続ける営業マン

 

「意味あるお金を借りたい!」とお客さんに思わせる営業をしない人が銀行には本当に多いと在職時には感じました。つまり、よく言われる『お願い営業』です。
 
 
 
相手が必要としていないものを時には売らなくてはいけない』ということは銀行に限らず、他の営業も同じだと思います。
 
 
 
例えば、クーラーの営業であっても、クーラーがなくて困っている人に売るだけではなくて、既にクーラーを持ってる人か、もしくは何らかの理由でいらないって言ってる人になんとか買ってもらわないといけないわけです。
 
 
 
その状況で、『なぜそれが必要なのか?を伝える』のが営業です。
 
 
 

 
 
どうしてもお客さんが必要ないというのであれば、現場ヒアリングの中で、必要でないとお客様に思われる理由を商品企画などにフィードバックすべきです。不満を言う前にこれをやっている人はどれだけいるでしょうか?
 
 

 

 

 

 

いらないお金を貸し付けることが営業としてのあなたの価値

 

そう考えると、むしろ『お金』というツールは絶対に必要なものであることが分かります。クーラーを売るよりも、お金を売る方がマーケット的にも大きいですし、企業を存続させていく上で、必要なものであることは言うまでもありません。
 
 
 
事業を拡大する必要がない会社はお金が不要に見えますが、その進化をしない状態が将来どれだけのリスクになるかを提示するなどの提案策が考えられます。そして、未来への打ち手のためにお金が必要だと説明することが、営業マンとしての「あなたの価値」 になります。

 

必要としているところに渡すだけなら、それこそ機械で良いのです。

 
 
しかもお金を売る(貸す)という営業は、商品自体に差別化がなされていません。貸したら2億円になる1億円はないのです。利率もほぼ同じです。つまり借り手からしたらどこから借りてもほぼ同じ状況です。
 
 
 
 
その中であなたが選ばれたら、それは必ず、「あなたの価値であり、分かりやすい尺度となります。だから銀行の営業はあなたの価値を計るのには絶好の機会になります。
 
 
 
 
100人の営業マンが、どんなに営業しても借りてくれなかったクライアントが「あなたからなら借りてもいいよ」 といって借りてくれるためには何をしたらいいか?を考えることが差別化に繋がります。

 

 

 

転職した次の職場で同じことが起きないために

 

 

みなさんの周囲にいる人が、とてつもなく嫌な人であったり、やる気が著しくない人であった場合はすぐに転職すべきです。なぜなら、あなたのビジネスマインドはその人たちによって形成されるからです。

http://your-time-is-limited1988.com/teammate-everything/

 

しかし、「自社の商品が顧客にとってニーズがなく売れづらい」という理由だけで、転職することはオススメしません。ずっと銀行にいる必要はないですが、そういったハードルを営業として少しでもクリアした体験をしてからすぐに転職しましょう。

 

なぜなら、これを考えようとしない人がAIだなんだといって、自分のいる銀行を 「なくなる仕事」とか批判して、辞めても次の職場で同じことが起きるだけだからです。
 
 
 
 
 
 

 

 

最初の2年間は地獄でしたが、ぼくは銀行で狙ったように数字を上げられるようになってきてからは、とても楽しかったです。今リクルートで楽しく働けているのも、銀行でのちょっとした成功体験があったからだと思います。
 
 
 
 
成功体験とは、大きな賞や飛び抜けた営業成績である必要は全くありません。自分自身が創意工夫をし、「これ出来たな」と少しでも達成感を感じたら、すぐに次のステップに行くことをお勧めします。
 
 

http://your-time-is-limited1988.com/job-change/

 

個人的には、一般論で「こういうキャリアを歩むべきだ」というものはないと思っています。しかし、銀行で悶々として何かのチャレンジをしてみたいと思っている人は転職して副業することを勧めています。

 

みなさんも、自分自身がどんな人間で人生を通して何をしたいか?を知ることで最良の選択をされることを願っています。

 

 

営業マンが転職前に考えること

・自社の商品やサービスを言い訳にしていないか?

・今の職場で創意工夫をした経験があるか?

・転職したい理由を明確にする