人生は短いからすぐに行動しよう
会社員で最高に人生を楽しむ方法
リクルート

転職して1年でリクルートの営業でMVP(年間表彰)を取れた理由

Pocket

 

転職して1年でリクルートの営業でMVP(年間表彰)を取れた理由

 
 

転職希望者
転職希望者
リクルートってみんなすごい働いているイメージがあるから、その中で結果を出せる自信がない
 
 

転職希望者
転職希望者
社内の雰囲気に馴染めるか不安
 
 
 
リクルートに入社を検討している人から、よくこんなことを言われます。
 
 
 
こういった意見の背景には、リクルートが「人材輩出企業」と呼ばれたりしていることが起因しているのかもしれません。
 
 
 
ぼく自身が銀行からリクルートという真逆の企業文化に転職した当初は、確かにそのギャップに本当に驚きました。
 
 
 
しかし、自分自身が入社初年度に年間表彰を頂いたり、入社して短期で結果を出す人を見ていると、共通の傾向があり、それを意識するだけで結果が全然異なるのではないか?と思い始めました。
 
 
 
今回は転職や部署異動など、環境が変わった際にすぐに結果を出す人はどんな人なのか?を考察していきます。
 
 
 
 

早めに自己開示してキャラを確立する

 
 
 
良い結果や実績を出すには周囲の協力は必須です。つまり、周りのみんなに認めてもらう必要があるということです。
 
 
この話をすると
 
 

若手社員
若手社員
コミュニケーションが苦手で人見知り
 
 

若手社員
若手社員
話が上手じゃないから、すぐに仲良くなるのは苦手だ
 
 
 
などの「性格」の話に持っていく人が多くいます。しかし、必ずしも社交的である必要はありません。
 
 
 
大事なのは自分がどんな人か?を相手に知ってもらうことです。社交的でなくても、「〇〇なやつだ」と思ってもらうことが重要です、
 
 
 
1番良くないのは
 
 

同僚
同僚
あいつ何考えてるかわからん
 
 

職場のみんな
職場のみんな
どんなやつだか知らないなぁ
 
 
 
など、周囲の人から見て、どんな人なのか?がそもそもわからないことです。
 
 
 
すぐに人と打ち解けられるようなキャラクターでないにしても、どんなやつかわかっていれば、
 
 
 

えらい人
えらい人
このPJはムードメーカー的なAさんがいるから、〇〇をPJに入れよう
 
 
 

人事の人
人事の人
あいつと組み合わせれば、面白そうだな
 
 
 
と、上司や周囲の人がチームの構想を練るときに、自分がその一員になれることがあります。
 
 
 
さらには、周囲に自分の良いところ、悪いところを知ってもらうことで、弱みをさらけ出すことになり、出来ないものは出来ないと簡単に言えるようになります。
 
 
 
そうすることで、中途入社にありがちな、プライドが高くて弱みをさらけ出すことができずに余計な遠回りをせずに、結果的に早く成長でき、かつ実績を出すことにつながるでしょう
 
 
 
 

疑問を大切にし、行動に移す

 
 
当たり前ですが、中途入社は新卒社員とは違います。つまり、中途社員は違う環境で働いた経験を何かしらの形で還元することが求められています。
 
 
 
しかし、実際に入社すると、早く環境に適応とするあまりに、郷に従いすぎてしまう人が多々います。
 
 
 
入社したばかりの超ド短期の期間であれば、それで問題ないかもしれませんが、ずっとその状態が続くと、それこそ新卒組と同じになってしまいます。
 
 
 
ではどうすればいいのか?
 
 
 
それは、外から来たからこそ感じる会社の違和感をしっかり言語化することです。
 
 
 
独自の業務フロー、社内イベント、会議の進行方法、社員の距離感など、絶対に前の職場と違うところがあるはずです。そして、前の職場の方が良かった点が必ずあります。
 
 
 
その違いを単純に伝えるのではなく、なぜ今の会社はこのような制度になっているのか?の背景を理解し、適切なFBをすることが重要です。
 
 
 
一見、非合理的に見えるものも、その業界ならではの慣習があるかもしれません。その理解もなく、指摘しても
 
 
 

職場のみんな
職場のみんな
そんなのわかってるんだけど
 
 
 
と言われてしまいます。
 
 
 
ただの批評家にならずに、しっかりとした状況理解のもと、適切な打ち手を提示できるだけで、周囲から一目置かれる存在になれます。
 
 
 
 
 

自身の取り組みの内容を先にイメージ、評価する

 
 
 
 
転職者だけでなく、全ての仕事に通じるものですが、自分が取り組むべき仕事を解像度高くイメージし、いつまでにやるのか?を決めることが重要です。
 
 
 
転職をして環境が変わると
 
 
 

中途入社者
中途入社者
前職の時はこれくらいやれば、すごいと思われるな
 
 
 
と思ってたことが、全然評価されないケースが多々あります。もちろんその逆もまたしかり。
 
 
これは単純に前職と現職の、会社のビジョン・戦略、業界における自社のポジションや取り巻く環境によって、1人の社員に求められることも大きく異なるからです。
 
 
だからこそ、自分が属する新しい組織が何を大事にしていて、どんなことが求められるか?を自身で考えないと、前職では評価されても全く評価されません。   
 
 
 
例えば、ぼくの場合、銀行で勤めていた時には、いわゆる「営業として売上を上げればいい」という評価体系でした。  
 
 
銀行における「営業の売上」とは企業に貸し出す金額を指します。※法人営業の場合
 
 
企業側から見れば、基本的にお金は必要なものであり、お金を貸してくれる銀行の存在もないがしろに出来ません。たとえ、必要のないときに資金を借りるとしても、多少の金利コストと、場合によっては財務内容が悪くなる程度です。
 
 
こういったパワーバランスがあったからこそ、銀行はこれまで、資金需要がない企業に対しても貸し出しすることが出来ていました。
 
 
 
しかし、ぼくが今いるリクルートの領域では「クライアントに貢献するために売上を上げること」が求められます。逆に言えば、自身の売上だけ増えても評価されません。
 
 
それは、瞬間的に自身の売上が増えても、クライアントが儲からないとすぐに自身の売上も下がるという構造になっているからです。
 
 
なぜなら、ここでいう自身の売上とはクライアントにとっての広告費であり、単なるコストでしかないからです。コストを払ってリターンがなければ、そのコストはもう払わないですよね。
 
 
こういった自社と取引の関係やそれを取り巻く業界の構造や背景を理解していないと、同じ仕事をしても評価や結果は異なってきます。
 
 
だからこそ、自身が置かれている環境や状況をよく知り、分析し、いつまでに何をやるのか?
計画を立てることがとても重要になってきます。
 
 
 

まとめ

 
環境が変わってすぐに結果を出す人に対して、
 
 
同僚社員たち
同僚社員たち
あの人は優秀だよね
 
 
というざっくりとした評価がなされることが多々あります。
 
 
周囲の皆と話す時はそれで構いませんが、近くにいるロールモデルを自身の肥やしにするためには、何が優れていて、どんな行動をしているのか?をしっかりと言語化することが重要だと思います。
 
 
今回、ご紹介したのは、ぼくの周囲で新しい環境で短期間で信頼を得て、結果を出す人の共通点でした。皆さんのご参考になることを願っています。